カラーミーショップ大賞2017からみる最近のショップデザイン

今年で4回目となるカラーミーショップ大賞。先日、受賞ショップが発表されました。
私も毎年ノミネートショップを見て、ショップデザインの傾向をチェックしています。
ノミネートは840ショップほどありました。

旧ブログの記事も面白いので併せてどうぞ。参考にしたいカラーミーショップ 1~7

カラーミーショップ大賞2017

昨今のショップの傾向

おおむね、去年と似たり寄ったりです。
大きめのヒーローヘッダー(=トップページにある縦横いっぱいの画像)。
WordPressでメインページを作って、読み物などのコンテンツを充実させているショップ。
その影響もあって、トップページがかなり長くなっています。

使用フォントで游ゴシックが増えています。
比較的新しいWindowsとMacでインストールされているので、見た目の違いが出にくいというメリットがあります。ブラウザによっては線が細すぎる場合がありますので、font-weightを指定して回避するのがベター。
めずらしいところだと、Noto Sans Japaneseを見かけました。無料で使えるきれいなWebフォントですので、今後機会をもうけてご紹介しようと思います。

YouTubeで動画を埋め込んでいるショップがじわじわ増えています。なにかを伝えようと奮闘されています。

Amazon Pay、続々増えています。
つい最近の対応なのに、導入ショップが増えている様子。楽天ペイは、Amazon Payと比較するとまだ少なかったです。

Amazon Pay

SSL(https://)対応ショップは少ないです。
Googleのコメントでは、検索順位でいくらか優遇されるとのことですから、周りが使いだしたら、自分も切り替えなきゃいけなくなるでしょう。費用がかかるので、もうしばらく様子見でしょうか。

お気に入り機能、導入されたばかりですが、さっそく設置されているショップも(ちらほらですが)。

新しいショッピングカートはあまり増えていないような。いまでも旧ショッピングカートの方が優勢だと思います。機能の一部が使えないためでしょうか。

おわりに

最近のカラーミーショップは、お客さまがより買いやすいように、機能改善されている印象です。
お気に入り機能の次は、そろそろ価格順(降順)をつけてほしいなぁ。

近々書く予定の記事のさわりを少し。
ノミネートショップを見ていると、旧ショッピングカート(下図)を使っているショップがかなりの数あります。
凝ったショップデザインをしているのにも関わらず、決済画面をきれいに整えているショップは案外多くありません。ほとんど自由にならないと思っているのでしょう。

自由にならないなりに、デザイン・配色されているところもあります(色を揃えるだけでもずっとよくなります)。
上段のショップ名部分にロゴ画像を入れる、下段のコピーライト部分に説明用の画像を入れる、商品CSSで枠色・背景色・リンク色を変更する、ボタンを今風にフラットにする、などなど、少し手をかけてみてはいかがでしょうか。

決済画面デザイン前

よく読まれている記事