ネットショップを始めたい人におすすめ。カラーミーショップの費用について(2020年版)

カラーミーアイキャッチ

新しいサービスの登場で、ネット上で商品を販売することがずいぶん身近になりました。
BASEのように簡単に始められるサービスも増えましたし、メルカリminneのようなサービスもあって、個人販売の裾野も大きく広がりました。

実際、実店舗があってもネット販売したいと考える人や、個人でも副業や趣味の延長としてネットショップを始めたいと考える人もずいぶん増えてきたように感じます。

ネットショップの始めるのに、カラーミーショップはいかがですか?
費用は高く参入の敷居も高いように思われがちですが、カラーミーショップは比較的安価な部類です。
順を追って見ていきましょう。

金額表示の税込・税別がややこしいですが、基本的に税込で表示しています。
ただし、クレジットカード決済手数料は課税対象分に別途消費税が加算されます。

カラーミーショップとは

カラーミーショップは2005年にスタートした老舗のショッピングカートです。
ネットショップを始める方からよく選ばれています。店舗数は40,000以上あるそうです(カラーミーショップ大賞2018からの情報)。

実際どういう人が選んでいるか、2018年にカラーミーショップが発表した資料が参考になります。

法人が過半数を超えていて、3/4が実店舗ありという結果が出てました。

私のカラーミーショップの印象は「安価で始めやすい」というものでしたが、データから見る実像は長期にわたって運営されているし、実店舗もあるしっかりとした規模も多いし、腰を据えてネットショップ運営に取り組んでいることが伝わってきました。
私も長く使って体感していますが、カラーミーショップは安価なわりに機能も充実していて本格的なネットショップ制作にも対応しています。

カラーミーショップはよくBASEと比較されることがありますが、実際には向いているショップはずいぶんと異なります。
機能面ではあきらかに「カラーミーショップ > BASE」ですし、手軽さで言えば「BASE > カラーミーショップ」です。
今回は費用面についてBASEとも比較しながら見ていきます。

カラーミーショップの費用について

BASEとの比較

カラーミーショップとBASEは、費用が安い点で共通しているように思われがちですが、BASEは小規模なショップ向けです。その理由のひとつは、BASEのサービス利用料が「ご注文の総合計(送料含む)×3%」というように、売り上げるほど費用がかかってくるためです。
売上以外に送料にも3%がかかってきますので、注文一件当たり24円(送料800円×3%)ほどのサービス利用料が加算されます。

この点、カラーミーショップ(月額固定)と大きな違いです。
カラーミーショップは本格的なネットショップ向け、BASEは小規模ネットショップ向けです。
費用面は条件によってはBASEが安いですが、そこそこ売り上げるショップだとカラーミーショップの方が安くなります

BASEについては、以前書いた記事が参考になります。興味があればご一読ください。


カラーミーショップとBASEの費用面での比較資料があったので貼ってみます。
参考)無料カートサービスよりも安い!?月商別年間ランニングコスト比較を公開!

あらためて費用面を比較して整理します。
そこそこ売り上げるショップでは、BASEのサービス利用料(ご注文の総合計×3%)が効いてきます。
また、BASEは低価格の商品で販売数が多い場合に決済手数料3.6%+40円の「+40円」部分が効いてきます。

上の比較資料にあったように、月商10万円(2,000円×50件)ではカラーミーショップ有利ですが、条件の異なる場合、たとえば月商10万円(4,000円×25件)ではBASEの方が安くなります。

条件がややこしいなぁ、という話ですが、はっきりしていることが一つあります。

  • カラーミーショップの月額利用料 = 固定で3,300円 ※
  • BASEのサービス利用料 = ご注文の総合計 × 3%

※レギュラープランの場合(もっと安いプランもあります)

すべてクレジット決済と仮定した場合、月商15万円くらいでしたら条件によってはBASEが安い場合もありますが、20万円を超える(または目指している)ようなショップでしたら、カラーミーショップを選ぶほうがお得です。

クレジットカード決済手数料

決済方法は不足ありません。スマホ決済、コンビニ決済などもありますし、Amazon Pay、楽天ペイ、LINE Pay、PayPay(2020年中の予定)もあります。
ただし決済手数料はなかなか複雑です。

上で参考にした比較表ですが、カラーミーショップのクレジットカード決済手数料は一律4%ではありません。
カラーミーショップのクレジットカード決済は、カラーミーペイメントを利用することになるでしょう。画像で引用してみます。

引用元:カラーミーペイメント - カラーミーショップ ネットショップ運営サービス

一番使われるクレジットカード決済について、詳細を書き出します。

クレジットカード決済
法人:決済手数料 4~5%
(AMEX/JCBの手数料が高い)
個人:決済手数料 5.5%(←これ注意)

後発のクレジット決済代行サービスと比べると高い印象です。BASEの3.6%+40円と比べても高く感じます。
BASEと比較する場合はサービス利用料金も含めて計算するほうがフェアです。大体クレジット払いの月間売上20万円あたりが境目になりそうです。
条件によって変わってきますので、客単価がわかっている場合は試算してみてください。

カラーミーペイメントには、月間売上が伸びれば月額固定費を払ってクレジットカード決済手数料率を下げるプランもありますので、そういう点でもカラーミーショップは本格的なネットショップ作りに向いています。

カラーミーペイメントは入金時期が翌々月20日になるので、BASEの10営業日に比べると資金繰りの点で劣りますが、早期入金オプションがあります。
細々としたオプションがあります。それだけ選べるということなので、掛かる費用と見比べて自分のショップに合ったカスタマイズをしてください。
参考)初期費用0円の決済代行サービス|GMOイプシロン株式会社

カラーミーペイメントのおまけ機能

ゆうパックと西濃カンガルー便の送料がすこし安くなり、大口契約用の送料になります。
近年はどの配送会社も送料値下げをしなくなっていますので、小規模ショップにメリットです。
参考)初期費用0円の決済代行サービス|GMOイプシロン株式会社

カラーミーショップの料金プラン

カラーミーショップには料金プランが4つあります。
ほとんどのショップはレギュラープランがあれば問題ないでしょう。
開店直後は案外エコノミープランでたりることも多いし、ショップによってはずっとエコノミープランでたりることもあります。

エコノミープランはかなり低価格(917円/月・1年契約)ですし、契約期間は最短3ヶ月から1,100円で契約できますので、1年契約でない点も始めやすいですね。
さらに、無料お試し期間30日つき。

エコノミープランはディスク容量、登録画像数、Googleアナリティクス(eコマース)あたりが機能制限として厳しいところですが、それ以外はなくても運営に支障ないショップも多いです。
プランごとの機能制限については引用元のページで確認してみてください。

引用元: 料金・プラン - ネットショップ作成サービス カラーミーショップ

上記以外の特別プランで、プラチナプランというのもあります(ネットショップの専任アドバイザー付きのプラン)。
ショッピングカートのカスタマイズ(名入れを二つに増やすなど)や集客支援もしてもらえるんだそうで。
費用が結構かかるので、大きく成長してからになります。

その他、カラーミーショップにかかる費用

下記リンクはさまざまなオプションと利用料金が載っていますので参考になります。
参考)利用料金以外に、かかる費用はありますか – カラーミーショップ ヘルプセンター

一部抜粋してみます。

有料オプションサービスを利用される場合

以下のようなオプションサービスを利用される場合、別途月額料金が発生いたします。

  • 常時SSL (独自ドメインの場合のみ1,000円(税抜)/月)
  • 独自ドメイン取得オプション   (500円(税抜)/月)
  • アクセスプラス         (500円(税抜)/月)※
  • FTPサービス          (500円(税抜)/月)※
  • ショップブログプラス      (300円(税抜)/月)
  • テンプレートプラス       (500円(税抜)/月)※
  • メールマガジン(有料プラン)  (300円(税抜)/月)
  • GoogleショッピングPro       (5,000円(税抜)/月)

(※はレギュラープラン以上では料金に含まれております)

引用元: 利用料金以外に、かかる費用はありますか – カラーミーショップ ヘルプセンター

レギュラープランだと付いてくるものがいくつかあります(※印の項目)。

アクセスプラスはアクセス解析機能ですが、Googleアナリティクス(無料)を入れるのが一般的です。
FTPサービスは商品画像を大量にアップロードする際に便利ですが、こじんまりとスタートするときはなくても問題ないです。
ショップブログプラスは、これでブログ開設するメリットはあまりありません。
テンプレートプラスは営業日カレンダー機能がありますので、使いたい人はいると思います。
メールマガジン(有料プラン)はメルマガ(無料)機能がありますので、まずはそちらを使えばよいです。
GoogleショッピングProは、売上が増えてきてから検討しましょう。

追加費用で必要そうなものは、独自ドメインと常時SSLの2つです。

独自ドメインは取得するショップが多いようです。
SEOもあって開店前に準備するほうが望ましいですが、独自ドメインを取得しないで運営するショップもあります。

独自ドメインは取得する場合は、カラーミーショップの「アカウント設定・ドメイン > ドメイン > 独自ドメイン取得」から取得しないほうがよいです。
「カラーミーショップ以外のサービスを利用したウェブサイトに利用することはできない」という制約があるためです。詳しくは「独自ドメイン名登録オプション特約」を読んでください。
カラーミーショップ以外に引越す可能性がある場合(=ドメインの移管)やカラーミーショップ以外でも取得したドメインを使いたい場合(=サブドメイン)などで問題が発生します。

独自ドメインの取得はマニュアルを読めば簡単に設定できるムームードメインがおすすめです。
お名前.comで取得したドメインも利用できますが、慣れていない人だと設定が難しいかもしれません(お名前.comの管理画面の使いにくさは尋常でないです)。
独自ドメインの費用は、おおよそ100~400円/月です(取得ドメインによってまちまち)。

常時SSLの費用は、1,100円/月です。
大手ネットショップなら100%導入していますが、カラーミーショップでは常時SSLでないところもよく見かけます。
Googleが推奨していることもあり、いつかやらなきゃいけないでしょう。いつやるかは売上次第で。

独自ドメインを取得していない人(your-shop.shop-pro.jpというドメインを使っている場合)は、無料で管理画面から常時SSLに切り替えられます。

最近はアプリで機能追加できるようになりました

上記に付けくわえて、2019年からはじまったアプリストアで機能追加した場合はその追加料金も加算します。
アプリには有料・無料があります。月額、従量制などがあります。

カラーミーのアプリストア

再入荷通知は標準機能にないので欲しいショップも多そうですが、月額1,650円と聞くと二の足を踏むかも。
追加機能が必要かどうかは取扱商品にもよりますし費用も掛かるので要検討ですね。

その他、有料アプリは大きなショップ向けなのが多いです(リマーケティングツール、接客ツール、海外向けカートなど)。
最初は必要ないショップも多いでしょうから機能としてあるのは安心だし、後付けなのは費用の面からもありがたいですね。

広告費

カラーミーショップに必須というわけではありませんが、ショップの規模が大きくなる段階でネット広告を検討することが多いです。
Google広告などへの広告出稿はショッピングサイトがしっかりできてからになりますので、優先順位はあとの方になります。

外部に委託して運用してもらうことになると、数万円~になります。

サイト制作費(ショップサイトの外観制作)

カラーミーショップの有料テンプレートは31,574円
参考) BASEの有料テーマは5,000~11,000円

サイト制作を制作会社に依頼する場合は、BASEよりもカラーミーショップの方が高くなります。
カラーミーショップの方がやれることが多いので、その分サイト制作に手間がかかるためです。

制作会社の料金表をみていると4万円~40万円以上のプランもあります。
目安は4万円くらいで出来合いのテンプレート、20万円くらいからオリジナルデザインのサイト制作になるようです(トップページのみオリジナル制作など、制作会社ごとに条件もあるようですが)。

無料テンプレートも数はありますが、大体が古いデザインです。レスポンシブに対応しているテンプレートが比較的新しめですのでそこから選ぶのが一般的です。
自分でHTMLを勉強して作っている人もたくさんいらっしゃいます。HTMLでレイアウト変更するくらいだと案外なんとかなるのでしょうね。

naeco.jpでは無料テンプレートを配布しています。興味ある方は下記ページをご参照ください。
自分でカスタマイズする際のベースにするとサイト制作が大分はかどります。ぜひ利用してください。

カラーミーショップの費用を安くするコツ

あとから付けられる機能が多いので、こじんまりと始めてみることです。
初期費用のテンプレート代を気にされるショップ様が多いように感じます。

費用を抑えたい場合、ポイントは3つです。

想定される2通りのケース

ケース1. 個人でこじんまりと始める場合

一番最初にかかる費用 = 3,300円
 初期費用 3,300円
 無料テンプレート 0円

月ごとにかかる費用 = 1,192円 + 決済手数料5.5%
 利用料金 1,100円/月(3ヶ月契約)
 決済手数料 5.5%
 その他 ドメイン 92~365円/月(初年)

ケース2. 実店舗ありの法人で費用を抑えつつ始める場合

一番最初にかかる費用 = 34,874円
  初期費用 3,300円
  有料テンプレート 31,574円

月ごとにかかる費用 = 4,765円 + 決済手数料4~5%
 利用料金 917円~3,300円/月(1年契約)
 決済手数料 4~5%
 その他 ドメイン 92~365円/月(初年)
 その他 常時SSL 1,100円/月

おわりに

カラーミーショップの費用はわかったけど、機能はどうなの?」という問題もあります。
レギュラープランを選択すれば、本格的なネットショップが構築できるくらいに機能もそろっています。
参考)機能一覧 - カラーミーショップ ネットショップ運営サービス

とはいえ、機能一覧の説明文だけでは具体的なところはあまりわかりません。
たとえば、機能はあるけど自分がやりたいことは実現できない、機能はないけど別案でやれる、などは実際に使用経験がないと判断できないです。
無料お試し(30日間)を使って試しておくか、難しい場合はサポートに聞いておく必要があります。

「カラーミーショップは難しそうだけど一人でできるかなぁ」と心配されている方向けに、naeco.jpは開店無料サポートをしています
興味がございましたら、ぜひご利用ください。

重要な追記(2020年5月5日)

2020年5月11日に「エコノミープラン」契約の新規受付停止の予定でしたが、コロナの影響を鑑みて終了時期を当面延期になりました。
新規受付停止の方針自体は変更ないようですので、この点は注意が必要です。

最安プランを使いたい場合は、「エコノミープラン」契約の新規受付停止前に契約しておく必要があります(そうすれば引き続き利用できます)。

執筆者

えいじ@naeco.jp この記事を書いた人

メーカー系情報システム部門出身の個人事業主。
自作するのが好きですぐに試したくなる、凝り性なWebエンジニア。
カラーミーショップ、モールなどのECについて記事にしています。

ご相談・お問い合わせはこちら