あなたの用途に合った簡単ショッピングカート選び【種類別】

EC比較

ネット通販の普及に伴って、ショッピングカート・サービスもずいぶん賑やかになりました。
最近は手軽に参入できるBASESTORES.jpの出店数に勢いがあります。

ショッピングモールでは、Amazon楽天市場Yahooショッピングなど、集客力のあるサービスがいくつもあります。後発ながら、携帯電話キャリアとの親和性もあるソフトバンク系YahooショッピングやKDDI系Wowma!が今後どれくらい伸びるか期待されます。

昔からある既存のショッピングカートは、EC-CUBEカラーミーショップショップサーブなどが代表的なところです。

その結果として、どれを選択すればよいのか判断が難しくなっています。
今回の記事は重要ポイントに焦点を絞って、ショッピングカートの選び方について紹介します。
越境EC・メディアEC向けのサービスも紹介しています。

ショッピングカートの種類について

ショッピングカート・サービスは多数あり、以下の特徴で分類されます。

・自社サイト型……主に独自ドメインで運用する自社サイト
・ショッピングモール型……多数のショップが参加し形成する大規模なショッピングモール
・インストール型……サーバーにショッピングカートシステムをインストールし利用する
ASP型……用意されたサービスをネットワーク経由で利用する(※SaaS型も含む)

 

ショッピングカートの種類と代表例

インストール型 ASP型
自社サイト型 EC-CUBE カラーミーショップ
ショッピングモール型 なし Amazon

 

自社サイト・インストール型の代表例は、EC-CUBEMagentoなど。

自社サイト・ASP型の代表例は、カラーミーショップショップサーブなど。
手軽に参入できるBASESTORES.jpも、ここに分類されます。

ショッピングモール型の代表例は、Amazon楽天市場Yahooショッピングなど。
ショッピングモールの一店舗の扱いで、自社サイトというイメージではありません。

自社サイト型とショッピングモール型は併存可能で、自社サイト+Amazon+楽天市場など複数出店しているショップも多いです。

機能・費用・集客について

・インストール型

プラグインで機能追加ができます。プラグインがない場合も自前で機能制作を行えば実装可能で、フルカスタマイズが可能です。
サイト制作費が高くなりがちで、その他にサーバーレンタル代など運用関連の費用がかかります。

・ASP型

機能があらかじめ用意されています。各サービスごとに機能に差異がありますので、自分のお店に必要な機能が揃っているか確認して下さい。
確認すべき主な機能は、レビュー、お気に入り、人気ランキング、会員制・年齢制限、ポイント、クーポン、セール、ダウンロード販売、定期販売、予約販売、まとめ買い、名入れ、ギフト、再入荷メール、メルマガ、複数配送先、アクセス解析、APIの有無など。簡易なショッピングカートには付いていない場合もあります。
カスタマイズ性はインストール型に比べると低く、その代わりにサイト制作費も低く抑えられます。サーバー運用にかかる費用は利用料に含んでいて、比較的安価です。

・ショッピングモール型

簡単にショップ構築ができ、集客力があるのですぐに開業できる一方で、ショップのカスタマイズ性が低いこと、売上に対する手数料が高いこと、価格競争に陥りやすいことなどデメリットがあります。
売れれば売れるほど手数料がかかりますので、自社サイト型に比べると費用は高めです。

タイプ別の簡単な比較

機能 費用 集客
インストール型
ASP型
ショッピングモール型

越境ECとメディアEC

ショッピングカートを選ぶその他条件としては、海外に向けて販路を広げるショップや、情報発信をしながらコンテンツを充実させてお客様を獲得するショップに向いたショッピングカートです。
これらは、機能が実装されていないショッピングカートが多いので、機能があるか確認する必要があります。

 

・越境EC(海外向けショッピングカート)

インストール型 EC-CUBEMagento
ASP型 Live CommerceWixストアShopifyaishipRMakeShop
ショッピングモール型 Wowma!(中国向け)

 

上記のサービスは基本的に多言語・多通貨・海外宛の送料設定可能です。
MakeShopは代行業者との連携あり。2018年5月に多言語のサービスを開始したと発表。
その他、検索すると越境EC向けサービスがいくつか見つかります(BASEは不可)。
おちゃのこネットは英語版サイトが作れます。ショップサーブはカート画面のみ英語可。

 

・メディアEC(コンテンツマーケティング向け)

インストール型 ショップサイトとブログのディレクトリとドメイン設定を自分で行える
ASP型(※) カラーミーショップショップサーブaishipRMakeShop
Welcart WordPressプラグインで、WordPressにショッピングカートが付けられます
カートボタン機能 コードをコピペしてブログなどに設置します(ASP型に多い)

※オプション申込みが必要で追加費用がかかります

naeco.jp的おすすめはこれ

商品点数が少なければ、手軽にショップサイト構築ができるBASE(無料)かWixストア(1,700円)。

商品点数が多いならカラーミーショップのエコノミープラン(最安クラスの900円)。商品データをCSVでダウンロードできるので、並行してショッピングモールに出品する際に便利。

少し高めでもよければ、ASP型で機能が一番充実しているショップサーブ

ASP型では機能不足の場合は、国産で制作代行業者も多いEC-CUBE

その他条件も勘案して、ご自身に合ったサービスを選択して下さい。

※料金は2018年5月現在

執筆者

えーじ@naeco.jp この記事を書いた人

メーカー系情報システム部門出身で、第一種情報処理技術者
カラーミー歴10年目/カラーミーショップ公認パートナー。
好きが高じてブログを書いていますが、カラーミーの中の人ではありません。